いまの日本は長引く不況によって景気がなかなか回復しないです。
そんな不景気と呼ばれている時代がずっと続いています。
とくに、リーマンショック以降は、経済が沈んだ状態になってしまい
それいこう倒産する企業が増えたり、リストラや派遣きりということばが
ブームになるようになってしまいました。
その後、大地震や自然被害なども増え、いまだ嵐の中にいるような状態に変わりはないようです。
そんな中で、増えたものといえば、生活保護受給者の数と、自己破産をする人の数と言われています。
自己破産する人の多くが、サラ金などに追われる生活を経験しているとも言われています。
自己破産をする人というと、以前は、ギャンブルにのめり込んで多額な借金をすることになり、消費者金融で借りまくってしまってどうにもならないくらいになるというパターンがおおかったようですが、いまは、不況という波で人生が狂った人もいると言われています。
お金が足りなくなることは、だれにでも経験のあることです。
他人から借りるよりも、キャッシングのようがいいと思ってはじめは気楽な気持ちからキャッシングがはじまるようですが限度額を超えて借金をしてそれでもお金が足りなくなると消費者金融にかり出すというのが、負の連鎖のはじまりのようです。

1件のところだけで住んでいればまだ、戻れる可能性もあるのでしょうが
複数の消費者金融からもかり、借金の額が膨れ出すともう、返済のために別の借りられる消費者金融をみるけるという負の連鎖が止まらなくなります。
こうなってくると、もう自分だけではどうにもならなくなるのですここまでにならないためにも、自分の身の丈にあった借金をすること、どうにもならなくなりそうだったら弁護士や司法書士に相談することなど、ストップすることを考えていったほうがいいと思います。
自分だけでなんとかしようと思うのは大間違いです。
自分で解決などできませんから、利用のしかたを間違えると危険なのが消費者金融なのです。