消費者金融というと、とても怖いというイメージが先にたちます。
ドラマの見過ぎと言われるかもしれませんが、はじめ借りたのは1万円だったのに
あっという間に借金が雪だるま式に膨らみ、気づくと自分では返済不可能の借金になっていたというイメージになります。
これは、法外な金利を取られるといういわゆる、闇金に手をだすということになると
思います。
実際、闇金がいまでも横行しているのかわかりませんが、ここまでの金利はあくまでも特別です。
一般的に使用されている金利はそれよりずっとやすいということになります。
消費者金融の中でも、大手と呼ばれているアコムとか、レイクとかプロミスは金利が年利4.5%くらいからになります。
これは借金の金額が増えると増えていくというシステムになっているようです。
これも、低い金額を借りている分には、問題ないでしょうが100万単位のお金をかりるとなると、やはり金利は高くなっていくので注意が必要です。
借金のために、また別の消費者金融から借りるとなると、余計に、返済が苦しくなるので、使用には十分注意が必要なのです。
また、消費者金融といいかたはしませんが、金利ということでは銀行やカードローンにも金利があります。
これは、キャッシングとよばれて利用されています。
その中でも低金利と呼ばれているのが、楽天銀行のカードローンのようです。
楽天銀行カードローンは、金利年4.9%~14.5%の安心の低金利がうりで最高500万円まで融資を受けられますということです。
これもたくさん借りられるからラッキーなことではないですね。
そこまでいかないように、自分の返済能力と相談しながらキャッシングをしていくことが一番大切なことです。
お金がたりないときは、金利をじっくり考えるというよりも、すぐお金を用立ててくれるところとあせって考えてしまいがちですが 、そんなときこそ、大手で信頼できることを選んでいくことが必要です。
ダイレクトメールで簡単に貸しますというところに、ついふらふらと借りてしまうことは、後悔につながることですから、まずは、よく知っている名前の消費者金融や銀行のカードローンやキャッシングを選択したほうがいいです。